2013年09月16日

効果的なレシーブのためのテクニック

receive.jpg



相手のスマッシュに対してレシーブを行うには、様々なテクニックが必要になります。



突然顔面にスマッシュが飛んできた際には、本能的にしゃがみこんでしまうことがありますが、これは人間の自己保存反応として当然のことではあるのですが、プレーで考えると急に視野が変わり感覚がずれるため、上手くシャトルを当てることができなくなります。


これが起こらないようにするには、顔面にシャトルをゆるく投げてもらってシャトルをラケットで払いのけるようにしてレシーブする、という練習がいいでしょう。


慣らしておいて、自己保存反応がプレー中に起こらないようにします。



レシーブを行う際の腕の動きは、まずはハンドルをバックハンドグリップで握り、利き手の親指は自分が握りやすく、最も力を発揮しやすい部分に当てておきます。


そして手首を立てて肘関節を少し曲げた状態から、ラケットをスイングする準備をして後方に引きます。


この際には素早く方法を切り替えるために肘を少し前方に出しておきます。


シャトルを打つ前には利き手の親指でハンドルを強く押しながら捻り、ラケットの回転力を増大させ、手首を立てることでラケットのスイングパワーを増大させることがコツです。


高いロビングでレシーブする際には、シャトルが離れる際に肘を上げる動作が加わります。


なお、効果的なレシーブの打ち方についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのYouTube動画をぜひご覧になって下さい。


レシーブの構え・打ち方のコツ・テクニック強化練習方法の解説動画


posted by バドミントン上達練習法インストラクター at 13:16| Comment(0) | レシーブ テクニック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。